fc2ブログ

  札幌のお菓子教室です。ホームページは こちら
初めての方は こちら をお読み下さい。

     

HAPPYマーケットありがとうございました

おはようございます。
たいわパティシエ古瀬です。

昨日開催されました「みんなのHAPPYマーケット」。
おかげ様で楽しく、HAPPYな時間となりました。
Bondouceブースに足をお運びくださった皆さま、
たいわセッションを受けられた皆さま、
どうもありがとうございました。

毎年あの空間で、沢山の笑顔と愛に包まれながら、
みんなと一緒にイベントを共有できる事がとても幸せです。


今年はいつもの「L'atelier Bon douce」のおやつに加え、
札幌のたいわ士仲間のSATOちゃんと一緒に「ここからあいを」として、
たいわセッションで出展しました。

Bondouceのおやつをお嫁に貰って下さった皆さま、ありがとうございます!
そして買えなかった!という皆さま、本当にごめんなさい。
またどこかで見かけた時には是非お手に取って頂けますと嬉しいです。

セッションは、枠いっぱいの5名の方に。
皆さまそれぞれ、母に、妻に、そして一人の女性としても精一杯頑張っておられて、
今日までのその頑張りがとてもキラキラと輝いておりました。
そして、ご自身のために優しい優しい涙を流されて。。。
「とても心が軽くなりました」と笑顔で帰られる皆さまから、
愛のおすそ分けをいただいて、お見送りをしておりましたよ。

特に小さなお子さんをお連れの方は、
子どもたちからのメッセージが、それはそれは壮大な愛のパワーで満ち溢れていて!
子どもたちとのたいわを通じていつも思う事なのですが、
子どもから親への愛は、想像を超えるほどに大きく温かく感動してしまいます。

いつも泣いて泣いて、どうして泣いてるのかわからず困っているママと赤ちゃん。
セッションの始めも少し泣いていましたが、メッセージをお伝えしたら、
「言いたい事がやっとママに伝わった♪」と安心して、ママの抱っこですやすやすや。。。

最初は「この人、ママに何を言うんだろう?」と、じーっと大人しく話を聴いていた女の子。
途中から「ずーっと伝えたかった事をママに言ってくれた!」とニッコニコ♪
安心しておもちゃで遊び出し、そしてママへのメッセージを全部伝えたら、
「もういいよ、終わり♪」と言わんばかりに「おしっこしたい~」と^^

なんだかもう、小さくって可愛いのに、とっても頼もしく感じました☆

こうやって振り返ってみても、みんな愛なんだな、
悲しみも、苦しみも、迷い悩むのも、すべてそこに愛があるから。
そんな愛に気が付いて「ここからあいを」選択して進んでいく。


こんがらがってしまった糸を、チョキンと切って捨ててしまうのではなく、
一つ一つ丁寧にほどいていく作業。

たいわとは、そういうことなのかな、と、やっと言葉が降りてきました。
時間は掛かるけれど、絡まってしまった過去も大切にしながら、
全ての自分自身を認め、受け入れ、愛で包み込む。
一人では大変なこの作業をお手伝いするのがたいわ士なのだな、と。

今年のマーケットは、色んな気付きが星のように降ってくる一日でした。
もう少しこの感じを噛みしめて、Kazさんの素敵な写真が届きましたら、
当日の様子と共にご報告したいと思います。

最後に、毎年この素晴らしい空間を創り上げ、
たいわでの出展のチャンスを与えて下さった主催の三奈ちゃん。
いつも困った時に笑顔でサポートして下さるスタッフのさおちゃん、うたちゃん、北岡さん。
8ヶ月の息子を一日中預かって下さったあやちゃん始め託児スタッフの皆さん。
Bondouceブースでおやつたちを手渡すお手伝いをしてくれたちーこさんとなつえさん。
一緒にたいわブースで出展し、準備諸々もすべてやってくれたSATOちゃん。
たくさんの笑顔とたくさんの愛で共にあの空間を創り上げて下さった出展者の皆さん。
仕事で忙しい中、さりげなくサポートをしてくれた夫。
甘えたい気持ちを我慢して、いっぱいいっぱいお手伝いしてくれた娘。
準備の時も、当日も、ママのお仕事の間待っててくれた息子。

みんなに、こころからの感謝と愛を!
スポンサーサイト



  1. 2014/11/27(木) 11:13:29|
  2. 仕事
  3. | コメント:0
<<マーケットレポートその1 | ホーム | 赤ちゃんのふり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する