fc2ブログ

  札幌のお菓子教室です。ホームページは こちら
初めての方は こちら をお読み下さい。

     

マーケットレポートその2

お次はたいわブース「ここからあいを」。

今年8月に修了したたいわ士育成講座。
札幌同期のcocokaraのSATOちゃんと、Bondouceの私とのコラボ出展です。

元幼稚園教諭のSATOちゃんが、素敵な看板を作ってくれました!

IMG_0322.jpg

前日まで(いや、当日までか・・・)おやつの準備でバタバタな私に変わり、
たいわブースの準備は全てお任せ。
かろうじて予約票だけは作っていきましたが、
たいわセッションの看板さえも無い状態でスタート!!!涙
急遽マジックで手書きの看板を出しました。
なんとも私らしいなぁ。あはは。
(数年前、おやつのPOPをごっそり忘れて、ミーナスタッフに付箋を貰い、
何故か荷物に入っていた筆ペンで手書きをしたことを思い出しました・・・)

この日は5名の方にセッションをさせて頂きました。
その時の想いはこちらに綴ってあります→

そしてマーケットでは、普段なかなか逢えない方との再会があります。
この日もたくさんのそんな嬉しい出逢いがありました。

IMG_0750.jpg

セッションの合間にBondouceブースに戻った時、たまたま通り過ぎたお友達。
元気そうな姿に嬉しくて嬉しくて。ほんの一瞬だったけど、逢えて話せて良かった。

教室をお休みしてる今、
以前レッスンに通って下さっていた方々に逢えるのも、とっても嬉しいです。
「食べてみたかったんです!」とおやつを目当てに足を運んで下さる新たな出逢いも。
色んな出逢いがあるのもマーケットの楽しみの1つです。

***

IMG_0673.jpg

息子も託児のお部屋で待っていてくれました。
実はたいわ士講座の時に、生後3週間で初託児を経験した息子。
それから月に1回、講座の度に託児をしてもらっていました。
その時のスタッフさん達が今回の託児にいらしたので、
私も息子も安心して過ごす事が出来ました。

朝預けに行く時、時間が無くてバッタバタで慌てて預けたら、
お昼にお迎えに行った時不満げな顔をしていました。苦笑
「忙しいのもわかってるけどさ、バタバタだったのもわかってるけどさ、
でも、オレだって頑張ってるんだからね!」みたいな。
しっかりと謝ったら許してくれました~。

午後はしっかりとお話をして、そして何かあったらあやちゃんに言ってね、と。
午前中過ごした部屋だし、今度はしっかりお話ししてくれたし、本人も安心してるのが分かりました。
(でも午後はあやちゃんが託児を抜けたために、
「いなかったじゃないか!」とこれまた文句を言われました。苦笑)

「自分の想いが伝えたい人に伝わる」
それだけでこんなにも心が穏やかになるのだな、
息子とのたいわを通じて、いつもいつも実感します。

***

実は後になって知ったのですが、
今までマーケットでは出展者の託児を受け付けてこなかったそう。
一日中ママと離れて過ごす子どもの負担を考えて。
来場者の託児も同じ理由で、午前午後と続けての託児はお断りしているのです。

今回、事前打ち合わせなどで我が家に来た時、
私と息子がたいわを通じて意思疎通出来ている様子を見て、
特別に通しの託児を受けてくれました。

何よりも大切なのは「子ども」。
どんなにママの笑顔が増えたとしても、子どもにしわ寄せが来るならNOと言える。
そんな三奈ちゃんのスタンスが私は大好きです。

IMG_0091.jpg

長年保育士として子どもと向き合い、
自身の子どもたちが小さなうちからイベントなどを主催してきた三奈ちゃんだからこそ、
「大変な今こそ、大切で尊い時間」という事を誰よりも知っている。
大変だからと育児から目を背けるのではなく、HAPPYに気付き楽しく向き合って欲しい。

そんな想いに心から共感します。

実は今回、作業中に「あ、もう一品焼けるかも?」と仕事を増やそうとした途端、
息子がおっぱいで私を呼んだり、
いつもならすんなり眠りに入ってくれるのになかなか寝付かなかったり、
そんな風にストップをかけられることが何度もありました。

「ママ、大事なものは何?」
「諦める勇気も大事だよ」


そんな息子からのメッセージでした。
やっぱり私の中心にあるのは「母」。
そんな想いを共有しながら共に歩む仲間がいることがしあわせです。
スポンサーサイト



  1. 2014/12/10(水) 11:36:44|
  2. 仕事
  3. | コメント:0
<<今年もよろしくお願いします | ホーム | マーケットレポートその1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する